セフレを募集する場合は性癖を明確にしておくことが大事!

出会い系アプリを使ってセフレ(SEXフレンド)関係を結んでいる人が多いです。特定のパートナーがいないならば、問題はないのかもしれませんが、中には既婚者や恋人がいる場合もあります。

どうしてセフレを募集するかと言うと、パートナーとはできないマニアックなセックスをしたいからです。ですが、こういった考え方は危険をはんらんでいます。セフレだから、どんなプレイも受け入れてくれるのでしょうか?そんなことは勝手な思い込みにすぎません。

セフレであってもひとりの人間です。許容範囲があるでしょう。性癖もありますから、極端にマニアックなプレイを希望するならば、プロセスが大事です。まずは、相手があなたの性癖を受け入れてくれるかどうかを確認してください。それを前提としてセフレを募集しましょう。

特に多いのがSM関係のプレイです。事前に女性に伝えずにロープで縛られたりしたらどうでしょうか?多くの女性は抵抗します。もしも女性が同意してくれても、あなたが被虐願望で相手もマゾならば満足できるプレイなど無理です。募集段階からどんな性癖を持っている人を募集するか明確にしておきましょう。

どうして出会い系アプリの利用層で女性の30歳代から40歳代が多いのか?

インターネットで男女交際をサポートしてくれるアプリがあります。それは出会い系アプリです。これを利用している年齢層を調査していると面白いことがわかります。男性と女性の年齢層の違いです。男性は、20歳代が中心になっています。ですが、女性は30歳から40歳代の比率が多いのです。

どうして、このような傾向があるのか……原因は男女の性欲の違いにあります。
男の人の性欲が最も強い時期は高校時代から20歳代にかけてです。女の人は、その時期よりも遅く、30歳代から40歳代にかけてになります。この性欲に応じて出会い系アプリの利用の年齢層の違いがあります。

30歳から40歳の女性ならば、結婚してご主人がいるから、別にセックスフレンドはいらないと思うかもしれません。ですが、男性の性欲のピークが二十歳代ですし、仕事のストレスもあって、性欲は減少しています。そして、結婚して数年も経つと、奥様の体に興奮しなくなり、セックスレスになることも多いです。

こういったことから30歳から40歳の人妻は性欲が貯まっても家庭では処理出来ないのでセフレ・パートナー・マッチングサイトや出会い系アプリを使うのです。

セフレ(SEXフレンド)を募集するならばプロフィールに力を入れましょう。

性行為を楽しむ友達関係を作りたいならば、出会い系アプリやセフレ・パートナー・マッチングサイトを利用します。ですが、それでも出会いのチャンスに恵まれない男性もいます。その一番の理由は、プロフィールにあると思います。

登録手続きをすると、プロフィール作成をするように指示されます。でも男性は「何をかけばいいのかわからない」とか「面倒だ!」と思います。適当に書いていたり、空欄になっている人も少なくありません。ですがセフレ・パートナー・マッチングサイトや出会い系アプリでプロフィールは自己紹介と同じです。

性行為を楽しむ友達関係を作る場合で、一番気になるのは、セックスの相性が一致するかどうかです。正直にいいまして、実際にプレイしてみないとわからないことも多いです。

その段階に行くまでに、「どんな相手なのか」が大事です。危険人物ではないか?怪しい人物ではないか?問題のある性格の人物ではないか?信頼できる人物か?セックスフレンドになるまでに見極めておきたいですね。それを可能にするのがプロフィールなのです。

セフレ(SEXフレンド)を生み出したのは世の中の変化だ!

ここ数年の若者世代の傾向として、恋愛や結婚に積極的ではないことが上げられています。昭和時代の気質とは大きく変化しているのです。その理由として考えられるのは「住みにくい社会」になっていることがあります。

経済的な問題やパワハラ・セクハラなどの人間関係の問題もあります。それ以外にもいろいろな要因が絡んでいます。たくさんの事柄が絡み合って現在の社会が出来上がったのです。

共通して言えるのは「将来に希望が持てない社会」「将来が見えない状況」にあります。今後、数年で景気が良くなる保証などありません。それよりも不安感が先にたって「景気は悪化するかもしれない」とさえ、考えられる世の中です。

結婚や恋人関係になっても、それを継続するにはお金が必要です。不安がいっぱいですから、途中で手放してしまうシーンも想定しています。それならば、最初から持たない選択肢もあり……と考えるのです。男女関係だけではありません。若者の車離れの問題もあります。マイホームが夢なんて常識化しています。

ですが、健康的な男女ならば性欲がありますし、その処理が必要です。出会い系アプリやセフレ・パートナー・マッチングサイトを使って相手を探す人達が増えているのです。

出会い系アプリだから、出会い系サイトと違って安全といは言い切れない!

出会い系サイトはトラブルが多いから出会い系サイト規制法ができました。その法律によってかなり健全化されました。悪徳業者や悪質会社が運営する出会い系サイトは随分と少なくなりました。しかし、全くないか?と言われるとそうではないです。

最近はiPhoneやAndroid携帯などのスマートフォンが普及しているから、出会い系サイトではなくて、そのアプリ版である出会い系アプリを使っている人も増えています。アプリだからトラブルはないと思っているかもしれませんが、それは大きな誤解です。

つまり、出会い系をアプリ化しただけで、もともとは出会い系サイトです。トラブルの手口/手段は全く同じです。また、悪徳業者や悪質会社が運営する出会い系サイトが、アプリにも進出してきています。まだアプリの歴史が浅いので、レビューや口コミ情報も少ないです。優良である基準の運営期間の長さも判別できません。

ですがクチコミ情報系サイトでチェックすれば、状況がわかります。出会い系アプリを利用する場合は、事前に精査することをしてください。